free web hit counter

EFTとは

目安時間:約 4分

EFTとは

EFT(Emotional Freedom Techniques)とは感情解放テクニックの略で、身体のツボをタッピングしながら、言葉を発することで、感情というエネルギーを流し出して、正常な状態に戻すエネルギー療法です。
米国のゲアリーさんが作りました。元々はTFTを学んだゲアリーさんがより多くの人にも適応できるように簡略化し、発展させたものです。

EFTのコンセプト

EFT は、極めてシンプルなタッピングにより、効果を挙げられる感情解放の手法です。
基盤となる考え方は、『あらゆるネガティブな感情(怒り、不安、悲しみ、恐怖などなど)は、体のエネルギーシステム内の混乱が原因で起きる』というものです。

 

EFT は嫌な感情を消去するものではありません。混乱したエネルギー状態を元に戻すものです。

EFTの仕組み(イメージ)

EFTの仕組みをイメージで説明するとこんな感じです。

 

針を使わない鍼灸
EFT は身体にある経絡に溜まったエネルギーを言葉とタッピングで流し出します。エネルギー(気)の流れを整えるためにツボをタッピングします。

 

しかし、鍼灸師さんに聞いて見ると、そのツボはどうかな? というのが率直な感想でした。

 

Wikipediaでも、批判が出ています。

Skeptical Inquirer誌は、反証可能性の欠如、事例証拠への依拠、インターネットと口コミによる積極的な宣伝を理由に、EFTを疑似科学に分類している[3]。EFTの創始者ゲアリー・クレイグは、経穴のタッピングは経路のエネルギーの流れを操作し、混乱を解放するのだと主張している。鍼師が用いる経穴のなかにはEFTでは用いられないものもたくさんあり、そのような経穴をタッピングすることは偶発的効果を引き起こすかもしれないと示唆されている。懐疑主義者は、そのような議論はEFTを科学的方法によって検証できないものにしているので、いくら有用だと考える者がいようと、疑似科学に分類するべきだと主張している[3]。EFTがうまくいくのは、ツボをタッピングすることによる仮想の「エネルギー経路」の操作ではなく、「より伝統的な治療法と共通する特徴」によるという考えもある。経穴や経路の解剖学・組織学的根拠はまったく知られていない[17]。プラセボ群を用いたEFT仮説の検証によると、プラセボ群はEFTの標準的方法に従って処置を受けた患者と同程度のよい変化を示す[4]。オリバー・バークマンは2007年に、複雑な順序で体をタッピングする動作に気持ちを逸らす効果があり、そのために根本的なストレスを緩和するように見える可能性があると示唆した[2]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/EFT#.E6.89.B9.E5.88.A4 より、2012/02/17に引用。

無料EFTテキスト配布
検索
Menu
無料遠隔レイキヒーリング